ローンの残っている車の売却することは可能です。

ローンの残っている車の売却することは可能です。

 

所有者、

 

ローンの残債額によって売却方法は異なるため、

 

まずは情報を整理する必要があります。

 

ローンの残っている車の売却することは可能です。
以下は私が車を売却した際に必要になったことをのべます。

 

 

車の売却する前に必ず所有者を自分から変えなければならないため名義変更が必要になります。

 

 

すべての車に所有権という権利が付き、

 

その権利は法律によって守られています。

 

 

そしてその車の所有者が誰であるのかということが記されているのが車検証です。

 

 

この車検証にしたがい自動車税などの支払い義務、

 

車の保管といった責任が明確に定められております。

 

 

また、

 

その車の権利はすべて所有者にあることが保障されています。

 

 

車を売却、

 

譲渡するということはその権利を引き渡すということになります。

 

 

よって売却する場合には、

 

必ず所有者の権利のもとに、

 

旧所有者から新しい所有者に名義を変更する必要があるのです。

 

 

名義変更の際に必ず必要になる基本的な書類についてですが、

 

 

車検証

 

その車の基本情報や、

 

所有者および使用者が誰であるかを公証しているのが車検証です。

 

 

売却に伴う名義変更によって古い車検証は破棄され、

 

新しい車検証が発行されます。

 

 

譲渡証明書

 

車の所有者が譲渡する旨を証明するため書類で、

 

売却先がディーラーや買取専門店などの業者の場合は業者側で用意してくれます。

 

 

個人売買、

 

または知人や親族に名義を変更する場合はご自分で用意する必要があります。

 

 

印鑑証明

 

登録車の場合には、

 

譲渡証明書などに実印を押印することになりますので、

 

実印であることを証明するための印鑑登録証明書が必要になります。

 

ローンの残っている車の売却することは可能です。
なお、

 

軽自動車の場合実印は必要なく、

 

その代わりに新しく名義になる方の住民票が必要になります。

 

 

ここまでは名義変更についてでした。

 

次にローンの残債についてです。

 

次にローンの残債についてです。

 

 

まず、

 

どんな状況でも確実に売却できるのではなく、

 

ローンの残債がいくらあるのか、

 

どういった種類のローンを利用しているのかなど、

 

状況によって条件がかわってきます。

 

 

私の場合車をクレジット払いローンにしていたため以下のことが必要になりました。

 

それは

 

所有権留保となっているクレジット契約で車を購入した場合は、

 

所有者の名前を信販会社からまずは私に変更しなければなりません。

 

 

所有権解除と呼び、

 

所有権解除の手続きが終了すると、

 

新しい車検証が発行され、

 

晴れて私がその車の保有者となります。

 

 

所有権解除の方法は、

 

通常、

 

支払いが完了したタイミングで、

 

ディーラーや信販会社から所有権解除の案内が届き、

 

案内に従って所有権解除の手続きを行います。

 

 

これらをクリアしてやっと車を売却を進めることができました。

 

 

ローンの残った車の売却することはとても手間がかかり大変でした。

 

 

 

トップページに戻る