日産オートマティック車

日産オートマティック車は、東京中位区に本部のある我が国有数のオートマティック車製造元だ。 トヨタオートマティック車のライバルともいわれ、日本国内でのshareを競ってきました。 元々日産オートマティック車は、芙蓉世界に属するところでした。 子会社に日産ディーゼルところや、モータースポーツ専用のニスモを携え、歴史的背景から日立製作所とも誘因が濃い代物となっています。 日産オートマティック車は「技術の日産」と称される通り、設立期から先進技術を積極的に吸収してきました。 ゼネラルモーターズの技術や我が国DL、オースチンとの職業共同など、外国企業との連携にレジスタンス第六感はなく、むしろ積極的に推し進めてきたといえます。 技術情熱の高さとしては定評のある日産オートマティック車だが、提供スタンスにおいてはトヨタオートマティック車にものすごく水をあけられているといってもいいでしょう。 そのため統括難に陥り、日産ディーゼルところをボルボに売却し、日産オートマティック車そのものもルノーの傘下に入ることを余儀なくされました。 但し、日産オートマティック車はこれまで多くの外国企業との連携に積極的であったことから、ルノーの傘下に入ることにもレジスタンスはなかったようです。 先頭系統車根本としてセフィーロ、マーチ、エルグランドなどがあり、これらが現在の日産オートマティック車を支えている。