廃車にすべきか否か?

車に乗っているという、きっちりと言って良いほど、トラブルや惨事に遭います。ペースは十人十色ですが、車が止まるほどの惨事に遭うことも、あまり珍しいことではありません。また、惨事は自分の慢心によるだけではなく、おるところに追突されたりといったもらい惨事もあり、これだけ車が多いと、何時何があってもおかしくはありません。 さて、車が止まるほどの惨事やトラブルになってしまうと、とても領域として浮かぶのが廃車だ。廃車は車をスクラップにしてしまうことで、記入じたいも抹消されてしまう。重い惨事の場合には廃車にする以外には作戦はないですが、半壊程度であれば依然として機能はあります。 廃車かな、というような惨事に遭っても、車の重要な骨組みがセキュリティであれば、改善にて元に立ち戻ることも珍しくはありません。特に愛着のある車の例、惨事に遭ったとしても改善できるのであれば直してまたのぼりたいと考えるが感情ですよね。 サッパリ予測したくはないことですが、いずれ惨事やトラブルなどで車が使えなくなった時には、すぐに廃車としてしまうのではなく、融通や改善など、何か廃車以外の別の作戦を試行錯誤してみると良いかもしれません。