日産 newセレナの「名工ドライブ」採択規範において

8月収下によって販売開始として要るnewセレナにおいていとも興味を持っている。どうしても「パイロットドライブ」実施。300万円以下で広々したブランクに加え、オートマティック指揮実施も採択されてるなんてなんて嬉しい車なんだと感嘆したくなります。将来は完全にオートマティック指揮も可能でしょうが、今回は人知れずツボを添えておく必要があるようです。ただし、そんなことは現時点ではやはりでしょう。完全にオートマチックやる技術も、法律(義務の在処等々)もできていないのですから。オートマティックオペが手助けわたるという未知の幅に踏み入れるだけでいやにわくわくします。 いよいよつぎつぎそういう車が増えてくることでしょう。セレナの競合としては速度ワゴンやノア、ヴォクシーなどいろいろありますが、セレナ上がりの方々にとっては他と比べてもセレナを選ぶでしょう。私もその単独だ。今回のフルモデルチェンジで明らかに競合他社との車は一線を画します。ともかく車には「ユーザビリティ」でのアップデートを期待したいですね。