ホンダの地位ニックネーム

ホンダの地位ニックネームと言えばユニットR、RSなど活動イメージの強いものが思い浮かぶが、海外ではSiという地位が活動タイプをリーダーやる。 活動系地位をジャンルはめ込みしていくといったユニットR、ユニットS、SIR(現存取り止めるかつての活動地位)、Si、α、β、RS、その他と言ったところだろうか。オデッセイの「アブソルート」は活動事以外のスタイル変更も深く、RSはまた違うひとつではいらっしゃる。一方優等さを表すユニットの地位ニックネームは「エクスクルーシブ」という呼び名が時どき使われていた程度であとは一回限りの地位ニックネームが数回現れたというところ。 ホンダでユニットRは別格のひとつになっているフィーリングがあるが、それに貫くユニットSは国内に現存していない。ユニットSはエンジンの入れ替えのない活動性能にも採用されてきた地位ニックネームだが、今後の露呈はと言うと、「RS」が1.5リッターの車に採用されている状勢や、CR-Z、S660のα、βという地位ニックネームと状態からして、現行テンプレートのおまけ地位やニューモデルに「ユニットS」のニックネームが付くタイミング当分にわたってないのではと思われる。